アレキサンドライトレーザーとは?

レーザー脱毛で使われるレーザー光線には、いくつかの種類があり、レーザー光線の波長によって、光線を吸収する物質が変わってきます。

 

その性質を考慮し、部位や面積によって適切なレーザー光線を使うことが大切になります。

 

アレキサンドライトレーザーとは、波長が755mmのレーザー光線です。
では、アレキサンドライトレーザーにはどんな特徴があるのでしょうか?

 

アレキサンドライトレーザーの特徴

アレキサンドライトレーザーは、1997年頃から日本で使用され始めたレーザー光線で、日本にレーザー脱毛を広める役割を果たし、現在、医療レーザー脱毛でもっとも広く使われているタイプです。

 

レーザー光線は、肌に照射すると、肌の表面や奥の毛根にある、黒や茶色のメラニン色素に吸収され、ダメージを与えます。

 

アレキサンドライトレーザーが導入される前は、有色人種である日本人にとっては、メラニン色素に反応するレーザーは、お肌のトラブルを招きやすいものでした。毛根だけでなく肌全体に反応してしまい、やけどの症状を引き起こしやすかったのです。

 

ところが、アレキサンドライトレーザーは、メラニン色素に対する反応が低めなので、日本人の脱毛に合っているレーザーになります。

 

また、シミやソバカスにも有効で、毛穴を引き締める美肌効果もあると言われています。
照射範囲が広く、いちどに広範囲の脱毛が可能です。

 

メリットはなに?

肌への影響が少ない

肌表面に対する影響をあまり心配しなくて良いので、脱毛したい部分にしっかり照射し、効果を引き出すことができます。

広範囲に使える

短時間で効率よく施術を進められます。

美肌効果がある

施術後の肌がツルツルになります。

 

デメリットも存在します

デメリットとしては、産毛に反応しにくい点があります。

 

痛みは、効き目がある分どうしても避けられず、輪ゴムでパチンと弾かれるような痛みがあります。照射の直前に冷却ガスを吹き付けることにより、部位を冷やして痛みを軽減しています。

関連ページ

ダイオードレーザー
一般的なアレキサンドライトレーザーより波長が長いのがダイオードレーザー。産毛やヒゲ脱毛に適したレーザーです。
ヤグレーザー
深いところにある毛根にだけ反応するので、出力を上げても安全に施術することができるヤグレーザーですが、アレキサンドライト、ダイオードレーザーと比べると非力です。