医療レーザー脱毛で人気の部位

従来の電気針を使った脱毛では、毛を伸ばしていないといけないという制約があり、また産毛は脱毛できないというデメリットがありました。

 

医療レーザー脱毛では、濃い毛だけでなく、産毛にも対応できるので、身体の気になる部分やデリケートな部分にも脱毛することが可能になりました。

 

人気部位ベスト5

1位:ワキ 夏に向かって半袖やノースリーブを着る機会が増えると気になってくる部分。レーザー脱毛することで、ワキの臭いも解消されるため、人気の部位。
2位:VIOライン Vライン(ビキニライン)、Iライン(性器回り)、Oライン(肛門周辺)の脱毛は、水着やTバックを気軽に楽しめるだけでなく、Iラインは特に黒ズミやくすみ、ムレやにおいなども解消されるため、人気です。
3位:ひざ下 スカートをはく機会が増えてくると、自己処理の後がポツポツ出てきて気になる部分です。普段はパンツやタイツ、レギンスなどで隠している人も多いですが、脱毛すると素足で過ごせるようになります。
4位:腕 袖をまくったり、半袖になったりして、何気なく出す機会が多い腕。自分で処理できていると思っていても、処理残りがあったりする部分でもあります。
5位:背中 夏場、背中の開いた服を着た時に、意外と人目が気になる部分。背中にはニキビができやすいと言う人も多く、脱毛して毛穴が小さくなることで、肌トラブルも解消されます。

 

番外編【こんなところも脱毛できます!】
産毛の処理をすると、化粧ののりが良くなり、肌のトーンも明るくなります。
耳・首 自分では意識していなくても年齢が出る首、トーンも明るくなり、キメが整ってアンチエイジングにもなります。
足の甲・指 サンダルを履いたり、ペディキュアやフットマッサージなどで足を出したりした時に気になる部分。
うなじ 髪をアップにした時に、遅れ毛がないと清潔な印象が保てます。
乳輪 乳首の周りには、意外としっかりとした毛が生えてくるので、自己処理をしている人も多いようです。デリケートな部分なので、レーザー脱毛はおススメです。
へそ周り へそ下からVラインまで、発毛している人は多いものです。水着やへそ出しルックにも自信が持てます。

 

このように部位を選ばないのが医療レーザー脱毛の特徴です。
特に、産毛や濃い毛には適しています。

 

わたしのおすすめ部位は、ハイジニーナ(VIO)でしょうか。
痛みは伴いますが、そこはクリニックですから緩和できます。

 

痛みに弱い人は脱毛エステより医療レーザー脱毛がおすすめなのですが、でも痛みだけじゃないんです。効果を感じにくいと言われるVIOだからこそ、高い効果を誇るレーザー脱毛という選択肢を選ぶ方が後々のケアやコスパは良いのです。VIO医療レーザー脱毛ランキング

関連ページ

医療レーザー脱毛は保険つかえる?
医療レーザー脱毛しか永久脱毛できない?
いま、人気の医療レーザー脱毛でおすすめランキングを掲載しています。クリニックの選び方も掲載中ですので、予約前に事前にチェックしてくださいね。